<%top entry_title>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<%top entry_title>

1: グロリア(宮城県):2013/08/16(金) 14:12:52.93 ID:D2DHIJML0 BE:5772422988-PLT(12001)
コンビニエンスストア各社が、サンドイッチの品ぞろえを強化している。レジ脇で売っているコーヒーと合わせて手軽な朝食として販売を強化したい考えだ。

セブン?イレブンは14日、サンドイッチやパンを製造する茨城県の工場を報道陣に公開した。サンドイッチ工場は全国37か所あり、すべてセブン向けの専用工場だ。

収穫した野菜は食感を保つため、低温の5?10度で輸送されて工場に搬入される。

レタスなどの具材を挟む一部の作業は従業員が手作業で行い、サンドイッチの手作りの食感を再現しているという。

セブンは今月から同工場などで生産した、通常よりカロリーが約3割少ないサンドイッチの新シリーズの販売を始めた。「低カロリーサンドイッチは品ぞろえをさらに増やす」(鎌田靖常務)という。

サンドイッチの売り上げが増えれば、セブンのプライベートブランドのパンの売上高が増える効果も見込め、現在より2割増の年間で約1200億円を目指す。

一方、ローソンは、今年6月から発売の糖質を半分以下に抑えた「ブランサンド」が「30歳代の女性を中心に人気」(広報)だ。今月27日には新商品を売り出す。

ファミリーマートも7月から、独自に開発した高級食パンを使った「プレミアムサンド」を発売した。いずれも、上質感を出して他社との差別化を目指している。


http://news.biglobe.ne.jp/economy/0816/ym_130816_4310606601.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。