<%top entry_title>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<%top entry_title>

1: マヌルネコ(東京都)2012/10/07(日) 12:05:52.96 ID:BDtKA99Q0
スパルタ教育で知られる中国の男性が、4歳の息子を連れて富士山に登った。
鍛錬と領土問題を訴える狙いだったが、食料や装備が不十分で登頂を断念。
山小屋の日本人に助けられた。中国は教育熱が高く、「愛国」のさなかにもかかわらず、
「児童虐待」「恥知らず」と批判を浴びている。

 「鷹式教育」と名付けて、子どもを極限状態に追い込む方法で知られる江蘇省南京市の何烈勝さん。
著書もあり、「イーグル・パパ」と呼ばれている著名人だ。
4歳の息子、多多(トゥオトゥオ)ちゃんは聴講生として小学校に通う。

 江蘇省の地元紙・揚子晩報などによると何さんは、多多ちゃんとその姉とともに9月27日に
日本に到着。翌日、中国国旗をデザインした服を着て5合目から登り始めた。

 だが、夏の登山シーズンが終わっていると知らず、食料はパンやチョコレートなどわずかだった。
雨が降り始め、気温は零下に迫る。疲労や高山病で子どもたちは泣き出した。8合目の山小屋で、
日本人に手袋や帽子、服をもらい、「これ以上は危険だ」と諭されて下山したという

http://www.asahi.com/international/gallery_e/view_photo.html?international-pg/1006/TKY201210060174.jpg

http://www.asahi.com/international/update/1006/TKY201210060124.html



11: ジャガランディ(京都府)2012/10/07(日) 12:09:39.03 ID:4LjbpYSd0
アホすwwww
まぁ無事で何よりだ


8: マンチカン(関東・甲信越)2012/10/07(日) 12:08:30.12 ID:t6usV+PTO
中国で日本人が同じ事したら死んでたのが容易に想像出来る


171: シャルトリュー(家)2012/10/07(日) 14:14:50.37 ID:1tMxzSQz0
>>8
まずそんなことしないから


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。